フジヤマNEWS(2018年3月)

ファッション週刊誌WWDジャパン取材で菊池武夫さんが60年ぶりに再訪!

3月29日東京ミッドタウン日比谷がオープンで、ますますの盛り上がりが期待される日比谷、そんなおしゃれなオトナの街を御年78の、ファッション界のオトナ代表の菊池武夫「タケオキクチ」クリエイティブディレクター(たけ先生)がお散歩。新旧を織り交ぜた日比谷を思い出と共にめぐりました。 (「話題の日比谷を気ままに”たけ散歩”」)より

15:30 ダンスファッションフジヤマを60年ぶりに再訪!


フジヤマを60年ぶりに再訪!

18歳のころ、シャツをオーダーしに来たというフジヤマ。「襟高の薄ピンク色のシャツを作ってもらいました。よく覚えてますよ」。たけ先生と同世代の2代目社長、竹橋順二さんはその当時のことを覚えていて、思い出話に花が咲く。フジヤマは、かつて”日劇(日本劇場)”の衣装も担当していたことから、フランク永井やクレージーキャッツなど往年のスターも顧客名簿に名を連ねた。(記事より抜粋)


最新ファッション&ビューティ情報 WWD JAPAN